東北大学

東北大学

ヒト検体を中心に医学・生命科学で多数の利用実績を誇る解析基盤

1.概要

 東北メディカル・メガバンク機構では、3台のNMR装置を共用機器として内外の研究者や企業に開放しています。共用化により幅広い分野の産業や研究開発におけるNMRの利用を促進するとともに、人材育成にも力を入れています。

2.利用区分

(1)先端研究課題利用【NMRプラットフォーム】

(2)一般利用(有償利用、学内は割引)

3.申請条件

「一般利用」は所属組織を問わず、どなたでも申請可能です。

4.申請方法

「一般利用」については、東北大学テクニカルサポートセンター (https://tsc.tohoku.ac.jp/)において随時受け付けています。

 

申請方法と利用の流れの詳細については、テクニカルサポートセンターのホームページ( https://tsc.tohoku.ac.jp/general/ )をご覧ください。

 

テクニカルサポートセンター経由でいただいたご相談の内容をもとに、機構内において利用課題としての適正を判断します。

5.お問い合わせ先

〒980−8573 宮城県仙台市青葉区星陵町2−1

東北大学 東北メディカル・メガバンク機構

生体分子解析分野

E-mail: kyoyo[at]megabank.tohoku.ac.jp ([at]を@に変えてください)

ページトップへ