広島大学

高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野における日中連携シンポジウム2017

日時:2017年11月28日 (火)13:00 〜 18:00 (受付開始時間12:30)

開催場所:理化学研究所横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

-プログラム-

セッション1:天然物化学研究における日中連携

▼座長:阿部郁朗 (東大院薬 教授)

13:00〜13:05   開会挨拶 –NMR共用プラットフォームの活動紹介-

前田秀明 (理研NMR施設 施設長)

13:05〜13:35   伝統中医薬のグローバル化に直面するチャンスと挑戦

姚 新生 (曁南大薬 教授)

13:35〜14:05   薬用天然物の生合成リデザイン

阿部郁朗 (東大院薬 教授)

14:05〜14:35   Chemical and Bioactive Constituents of Wolfberry

于 洋 (曁南大薬 講師)

高 昊 (曁南大薬 教授)

14:35〜15:05   植物特異的成分生合成のゲノム機能科学:シロイヌナズナから薬用植物へ

斉藤和季 (理研CSRS副センター長)

15:05〜15:35   Genome and compound diversification in thalassospiramide biosynthesis

銭 培元 (香港理工大生命 教授)

15:35〜15:50   ————————— コーヒーブレイク ————————

 

セッション2:天然物化学研究における最新の研究動向

▼座長:供田 洋 (北里大院薬 教授)

15:50〜16:15   医薬リードを求めて

上村大輔 (神奈川大理 特別招聘教授)

16:15〜16:40   メタゲノムマイニングによる海綿由来新規天然物の探索

脇本敏幸 (北海道大院薬 教授)

16:40〜17:05   生薬の多成分評価 ~NMR, LCMSによる展開~

小栗志織 (株式会社ツムラ 生薬研究所)

17:05〜17:30   複合培養 〜放線菌二次代謝を活性化する共培養法〜

尾仲宏康 (東大院農 教授)

17:30〜17:55   糖質関連酵素の基質としての複合糖質の合成と構造解析

石渡明弘(理研伊藤細胞制御化学 専任研究員)

17:55〜18:00   閉会挨拶

斉藤和季 (理研CSRS 副センター長)

18:30〜19:30   懇談会

 

お申し込み方法やイベントについての詳細は下記URLにてご確認ください。

http://www.ynmr.riken.jp/nmrsymposium2017_1128.html

ページトップへ