広島大学

高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野シンポジウム2018

日時 : 2018年11月8日(木)13:00~18:00(受付開始時間:12:30~)

開催場所 : 理化学研究所・横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

■プログラム

▼座長:阿部郁朗(東京大院薬)

13:00~13:05     開会挨拶

石井佳誉(理研RSC)

13:05~13:30     放線菌の持つ数奇な窒素含有二次退社産物生合成経路

勝山洋平(東京大院農)

13:30~13:55     微生物アルカロイド生合成経路の開拓と物質生産への応用

淡川孝義(東京大院薬)

13:55~14:20     微生物代謝産物のネットワークを基盤とした新規天然物の探索

小山信裕(北里大院薬)

14:20~14:45     高次構造フラボノイドの合成と構造解析

大森 健(東工大理)

14:45~15:10     ペプチドに構造多様性を与える新規就職酵素の探索

小笠原泰志(北大院工)

——————休憩(Coffee Break:15分)——————

 

▼座長:供田 洋(北里代院薬)

15:25~15:50     天然物の構造多様性

塚本佐知子(熊本大院薬)

15:50~16:15     植物病原性糸状菌の二次代謝活性化から始める天然物研究

本山高幸(理研CSRS)

16:15~16:40     NMRにおける演繹的・帰納的予測科学アプローチ

菊池 淳(理研CSRS)

16:40~17:05     高分解能NMRにおける時間領域データの直接観測

小松功典(株式会社JEOL RESONANCE)

17:05~17:30     選択励起を使った測定の活用

堤 遊(ブルカージャパン株式会社)

17:30~17:55     NMR共用プラットフォームにおける外部共用事業の新展開

仲村高志(理研RSC)

 

17:55~18:00     閉会挨拶

斉藤和季(理研CSRS)

18:30~20:00     懇親会(理研・交流棟2F 食堂奥)

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

https://www.ynmr.riken.jp/ynmrsymposium2018_1108.html

 

ページトップへ