「高温超伝導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」キックオフシンポジウム

テーマ:JST未来社会創造事業 大規模プロジェクト型「高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」キックオフシンポジウム

開催日 : 2018年3月29日(木)13:00~17:20(受付:12:15~)

 2018年3月30日(金)10:00~17:40(受付:9:30~、懇談会:18:00~)

開催場所 : 理化学研究所横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

【概要】

当プロジェクトは、高温超電導線材同士を接合する技術を確立し、世界最高磁場の永久電流1.3 GHz NMRマグネットや鉄道用超電導き電ケーブルに適用することで、超電導技術の社会実装を加速することを目指しています。今回のシンポジウムは、プロジェクトの内容をご紹介するとともに、高温超電導マグネットおよび高磁場NMRの第一線でご活躍されている国内外の研究者に、関連するご講演をいただきます。皆様のご来場をお待ちしております。

 

【プログラム】

3/29(木)

セッション1:プロジェクトの概要と高温超伝導マグネット技術の招待講演

13:00~13:30 開会挨拶とプロジェクトの概要

前田 秀明 (理化学研究所/JST研究開発代表者)

13:30~14:20 NI magnet

S.Hahn (ソウル国立大学)

—-(休憩:20分)—-

14:40~15:30 Challenges and Opportunities for HTS conductors in the next few years

D. Larbalestier (米国国立高磁場研究所)

15:30~16:20 Bi2212 coil development

U. Trociewitz (米国国立高磁場研究所)

16:20~17:20 パネルディスカッション

17:20~    NMR施設見学

 

3/30(金)

セッション2:グループリーダーからの紹介

10:00~10:40 Superconducting joints between HTSs

下山 淳一 (青山学院大学)

10:40~11:20 1.3GHz persistent mode NMR magnet

柳澤 吉紀 (理化学研究所)

11:20~12:00 Social impact of the 1.3GHz NMR

石井 佳誉 (東京工業大学/理化学研究所)

—-(昼食:60分)—-

13:00~13:40 Superconducting DC feeder cables for railway systems

富田 優 (鉄道総合技術研究所)

13:40~14:10 パネルディスカッション

—-(休憩:10分)—-

 

セッション3:高磁場NMRの招待講演

14:20~15:10 1.5GHz NMR using 36T Series-Connected-Hybrid magnet at NHMFL

Z. Gan (米国国立高磁場研究所)

15:10~16:00 Real-time observation of intracellular events using in-cell NMR

西田 紀貴 (東京大学)

16:00~16:50 TBA

J. P. Amoureux (リール第1大学)

—-(休憩:10分)—-

17:00~17:30 パネルディスカッション

17:30~17:40 閉会の挨拶

18:00~20:00 懇談会

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

http://www.ynmr.riken.jp/jst_mirai_sympo.html

ページトップへ