1. HOME
  2. 事業概要

事業概要

ご挨拶

NMR共用プラットフォーム 代表者NMR共用プラットフォーム 代表者
理化学研究所
木川隆則

 核磁気共鳴(NMR)法は、化学、材料・素材、食品・環境、生命科学等の広範な分野で必須の計測法です。近年は創薬、薬物代謝物動態、新世代電池の解析など、ライフイノベーションやグリーンイノベーションに直接つながる分野への利用も広がり、先端的な施設・設備や技術に対する利用ニーズが高まっています。更に、高磁場化や高感度化などの技術的発展、機器開発とそれに基づく利用ニーズの拡大の余地は依然大きく、今後の更なる発展が期待される技術領域です。
 先端的なNMR設備と関連技術を有し共用取組に対しても十分な経験を有するNMR施設を持つ機関である国立研究開発法人理化学研究所、公立大学法人横浜市立大学、国立大学法人大阪大学、国立大学法人北海道大学(以下、「4機関」という)は、NMR装置メーカー2社とともに、NMR技術領域の研究開発基盤である「NMR共用プラットフォーム」を形成しました。
 これまで我々は、最先端技術開発の動向を踏まえた研究開発と人材育成を支える取組を、他の施設との連携協力関係を築きながら全国的な取り組みへと発展させNMR技術領域の利用と発展を先導するとともに、最先端技術開発の基盤を作り、ユーザーニーズを的確に反映させた技術開発に資する存在となることを目指して活動してきました。
今後は、これまでの実績を基に「高度利用支援体制」の拡充を進め、産学官に開かれた共用によるNMR技術を活用したイノベーション創出をさらに加速するとともに、「開発」と「利用」を結びつける「場」の形成、「知」の集積と共有、「人材」の育成、「国内外との連携」関係の拡大、に取り組むことにより、日本のNMR研究開発の持続的な維持・発展を先導する技術プラットフォームとなることを目指します。
 この取組を通じて、産官学における様々な課題解決と我が国発の科学技術イノベーションの創出に貢献していく所存です。皆様には「NMR共用プラットフォーム」を最大限活用して頂くとともに、今後ともご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

NMR共用プラットフォームについて

 文部科学省「先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム)」は、産学官が共用可能な研究施設・設備等について、その整備・運用を含めた施設間のネットワーク構築により、高度な計測分析機器を中心としたイノベーション創出のためのプラットフォームを形成するとともに、日本の研究開発基盤の持続的な維持・発展に貢献する、ことを事業目的としている。

運営体制

 代表機関、実施機関の4機関による運営委員会を設置してNMR利用サービスの更なる質の向上に努めるほか、NMR技術領域の飛躍的な発展に資する課題を実施するための「最先端利用開発利用枠」の設置、最先端の技術や先端的なNMR装置・技術を活用したイノベーションを創出するための、装置・技術開発に関する施策やプログラムとの協調連携、特定の利用分野の大型プログラムと連携しその政策効果を高めることを目的とした「連携利用枠」の設置、NMR技術領域内外の学生・アカデミア研究者・企業研究者のNMRの教育・学び直し、日本電子株式会社、ブルカー・バイオスピン株式会社との協力体制のもと、NMR共用プラットフォームの高度技術支援者の技術・知識の維持・向上を目的とした人材の育成、広報・連携・ネットワーク構築等に取り組みます。

運勢体制図