1. HOME
  2. 施設情報
  3. 東北大学

施設情報

国立大学法人 東北大学 東北メディカル・メガバンク機構

本学の東北メディカル・メガバンク機構が有する最先端のNMR装置を共用事業を通じて産業界を含む様々な分野からの利用を受け付けます。またNMR利用に貢献する人材の育成や新たな利用方法の開拓にも取り組みます。

東北大学の取組み

研究基盤を支える人材の育成・確保

最先端のNMR技術を習得するための講習会を実施します。初心者向けの基礎的なNMR装置の利用法の説明に加え、応用編として様々な対象に応じた測定法の講義を行います。


最先端技術開発研究の支援

最先端のNMR設備や、当機構で開発した大規模メタボローム解析法等を活用し、企業及び大学・研究機関等の最先端技術の開発を支援します。

施設の概要


東北メディカル・メガバンク機構のNMR施設は、ブルカー社製の3台のNMR装置(800MHzが1台、600MHzが2台)を運用しています。全ての装置に極低温高感度プローブと冷却補完機能付き自動試料交換装置を装備し自動測定に対応しています。また最先端のコンソールを装備し遠隔操作にも対応しています。

利用可能装置

    • 溶液
      800MHz
      Bruker

      極低温プローブ
      オートサンプラー

      極低温高感度三重共鳴プローブ
      Cryo TXI プローブ(1H, 13C, 15N)

      Avance NEO

      SampleJet
      (サンプルチェンジャー 
      480検体低温保管対応)
    • 溶液
      600MHz
      Bruker

      極低温プローブ
      オートサンプラー

      極低温高感度三重共鳴プローブ
      Cryo TCI プローブ(1H, 13C, 15N)

      Avance III HD

      SampleJet
      (サンプルチェンジャー 
      480検体低温保管対応)
    • 溶液
      600MHz
      Bruker

      極低温プローブ
      オートサンプラー

      極低温高感度三重共鳴プローブ
      Cryo TCI プローブ(1H, 13C, 15N)

      Avance NEO

      SampleJet
      (サンプルチェンジャー 
      480検体低温保管対応)
PAGE TOP