1. HOME
  2. 施設情報
  3. 広島大学

施設情報

国立大学法人 広島大学

地域の研究機関・企業の方々の研究推進のために、広島大学が保有する5台の高磁場NMR装置の利用を促進します。NMRを利用する学生・研究者・技術者の方々に対する技術支援を通した人材育成を通して、高度なNMR利用研究の普及を目指しています。中国・四国地区のリージョナルセンターとして活用いただき、NMR利用研究のトライアルや技術的なアドバイスを得る最初の窓口として活用いただくことも歓迎しています。特に、地域の企業ユーザーへの支援を強力に進めたいと希望しています。

広島大学自然科学研究支援開発センターにNMR利用支援体制

すでに学内外のNMR利用支援の経験が豊富な2名の技術職員とNMR研究者である教員1名が中心となり支援します。研究対象に応じて、NMR利用研究に詳しい教員2名が必要に応じて支援する体制で運営します。依頼測定、実機を自ら操作しての測定、試料をお送りいただき遠隔利用による測定(整備中)での利用が可能です。
必要に応じて技術講習会を開催して、地域のユーザーの技術力の向上とともに、支援スタッフとユーザー間での人材交流も促進してゆきます。

先端技術開発

NMRプラットフォームでは、特定課題利用枠による長期利用が可能です。オートサンプルチェンジャーを搭載した500 MHz NMRを利用する大規模な化合物スクリーニングや、最先端の装備を持つ700 MHz NMRを利用した生体試料の高度な解析など新たな研究展開を目指した技術開発の目的に活用いただくことも期待しています。NMR研究を専門とする教員による試料調製・測定技術の支援もあるため、様々な分野での技術開発が可能です。また、さらに高度な測定の必要があると認められる場合には、広島大学を通してNMRプラットフォームの他の拠点へ紹介して、目的達成のために適切な測定ができるようにアドバイスを行います。

施設の概要



広島大学は2つのキャンパスに分かれていますが、いずれのキャンパスにおいてもNMR利用を提供しています。 東広島キャンパスでは、固体・半固体(液晶など)の測定用の400MHz, 500MHz, 600MHzの3台のNMRに加えて、最先端の装備をもつ700 MHzの溶液NMR装置を提供します。700 MHzの装置は、タンパク質など複雑な試料の立体構造解析・動的構造解析が可能です。
医歯薬系学部のある霞キャンパスでは、オートサンプルチェンジャーを装備(準備中)した500 MHz装置の利用が可能です。
NMRの専門家による、核スピン緩和解析、常磁性緩和誘導、異方性核スピン相互作用を利用する高度な分子の動的構造解析も行います。

利用可能装置

    • 溶液
      400MHz
      Varian

      1H, 13C, 各種多核, 各種二次元,
      5 mm プローブ, 10 mm プローブ
    • 半固体
      500MHz
      Varian

      1H, 13C, 各種多核, 各種二次元,半固体,
      5 mm プローブ, 10 mm プローブ,
      ナノプローブ (マジック角試料回転測定)
    • 固体
      600MHz
      Varian

      1.6 mm, 3.2 mm, 5.0 mm, 6 mmプローブ
      観測核:1H, 7Li 13C, 15N, 23Na, 27Al, 29Si, 31P, 71Ga
    • 溶液
      700MHz
      Bruker

      1H/13C/15Nクライオ3重共鳴プローブ
      サンプル管 3mm/5mm対応
    • 溶液
      500MHz
      Bruker

      多核BBFOプローブ、2核照射
PAGE TOP