1. HOME
  2. 施設情報
  3. 分子科学研究所

施設情報

分子科学研究所

分子科学研究所が有するNMR装置を活用した共用事業を通して、全国の大学や研究所等の様々な分野の研究者を支援するための取組みを展開しています。また、学術および産業分野のNMR利用に貢献する人材の育成にも力を注いでいます。

分子科学研究所の取組み

研究基盤を支える人材の育成・確保

共同利用を通じてNMR技術の習得をサポートします。

最先端技術開発研究の支援

糖タンパク質の安定同位体標識する手法などを活用し、企業及び大学・研究機関等の最先端技術の開発を支援します。

利用可能装置

    • 溶液
      800MHz
      Bruker

      型式:AVANCE800
      導入年度:平成25年度

      (主な仕様)
      磁場:18.79 T
      感度(S/N):1H = 8800、13C = 1900
      プローブ:5 mm H-C-N TCI 型cryo
      観測核: 1H
      照射核: 13C、15N
      温度範囲: -5〜+75 ℃
      Auto Tune: ○

      システム
      OS: CentOS 5
      Software: TopSpin2.1
PAGE TOP