1. HOME
  2. 利用案内
  3. 最先端利用開発利用について

利用案内

最先端利用開発について

「最先端利用開発利用」では、NMR技術領域の拡大発展に寄与する利用課題を対象とし、最先端のNMR装置を利用した先端的かつ新規の測定技術の開発や、NMR共用プラットフォーム全体における測定技術等の向上を目指した課題を募集します。

■課題の目的

  • 例えば、①NMR共用プラットフォームを活用したNMR技術領域の飛躍的な発展に資する課題、②将来の技術開発のシーズを発掘、開発サイドに結果をフィードバックすることにより開発の実用性向上、NMR技術領域の最先端技術開発を目的とした利用課題、③公的資金や企業との共同研究により開発される最先端装置・技術を、そのシーズ段階から支援したり、完成前の段階で試用したりする開発途上のNMR装置・技術を試用する課題、などが考えられます。


    上記以外の提案も歓迎いたします。

■課題の要件

「最先端利用開発利用」枠で募集する課題は、民間企業または大学・研究機関等に属する研究者による提案課題であり、以下に示すいずれかの要件を満たすことが望まれます。

  • NMR技術開発・手法技術の最先端技術開発
    例1:開発途上のNMR装置・技術を試用する課題
    例2:次世代NMR技術を担う要素技術の開発課題
    例3:企業による最先端技術開発研究に繋がる課題

■利用と施設

「最先端利用開発利用」枠で実施される課題は、成果公開を前提として有償での利用※としており、4機関各施設とそれが有する国産独自技術(下記参照)を活用した中長期的な研究開発を行っていただくことも可能です。複数機関を利用することも可能です。各施設は、利用者が円滑に利用できるよう、ユーザーニーズの把握、研究開発、NMR測定などの支援を行います。
下記のいずれかをご活用の際には申請フォーム内の「利用を希望する施設や装置、利用希望期間内において希望するマシンタイム」の枠で、利用希望機関先の「最先端技術・装置等の開発」の項目にチェックをお願いします。


理化学研究所「NMR立体構造解析パイプライン」施設
○安定同位体標識技術 ○超高磁場磁石技術 ○汎用性を備えるNMR検出器技術
横浜市立大学超高磁場超高感度NMR施設
○LC-NMR技術 ○相互作用解析技術
大阪大学蛋白質研究所NMR施設群
○超高感度DNP装置技術 ○19F創薬装置技術 ○自動NMR構造解析技術
北海道大学先端NMRファシリティNMR装置
○常磁性プローブ法による生体分子解析技術 ○半固体試料測定NMR技術