1. HOME
  2. 利用案内
  3. 国立研究開発法人 理化学研究所

利用案内

国立研究開発法人理化学研究所

1概要

国立研究開発法人理化学研究所(松本紘理事長)が所有する10台の高磁場NMR(核磁気共鳴)装置およびNMR解析試料の調製からタンパク質の立体構造の決定までを一貫して行う「NMR立体構造解析パイプライン」について、企業をはじめとする産学官の外部研究者への共用を2007年度より行っています。
理研が所有するNMR施設は、900MHz3台、800MHz2台、700MHz3台、600MHz2台という世界最大規模のNMR装置集積台数を誇ります。 8台の溶液NMR装置は最新鋭の分光計と超高感度低温プローブを揃えることで、更に高速かつ高精度計測が可能です。また、固体NMRでは、900MHz分光計の固体化をはじめ、超高速MASプローブ等高性能の装置のラインアップを充実させることにより、これまで以上に広範な分野の測定を実施して頂くことが可能となっております。
また、理研が開発した無細胞タンパク質発現技術を組み合わせることにより、タンパク質のNMR解析適合性の判定から、安定同位体標識試料の調整、多次元NMRデータの測定、これに基づくタンパク質の立体構造の決定までを一貫して行うシステム「NMR立体構造パイプライン」をご利用頂くことが可能です。

2外部利用の形態

(1)~(4)については随時受付けています。

  • (1)成果非占有利用(成果公開、有償、審査なし)
  • (2)成果占有利用(成果非公開、有償、審査あり)
  • (3)トライアル(成果非公開、有償、審査なし)
  • (4)NMR共用プラットフォーム トライアル(成果公開、無償、審査なし)

3応募条件

  • 「成果占有利用」、「成果非占有利用」は所属組織を問わず、どなたでも申請可能です。
  • 「成果非占有利用」については、課題審査で採択された場合利用可能となります。成果公開が条件となります。
  • 「NMR共用プラットフォーム トライアル利用」は、初めて理研NMR施設を利用予定の研究者であれば、所属組織を問わずどなたでも利用可能です。最大3日まで利用可能です。利用概要は公開されます。
  • 「トライアル利用」はアカデミア研究者を対象とし、高磁場NMRを利用した共同研究への移行を目指して行う試験研究です。最大3日まで利用可能です。利用概要は公開されません。
  • いずれの利用課題も、利用にあたってNMR装置の使用経験の有無は問いません。
  • その他各利用課題に関する詳細は、下記ホームページをご覧ください。
    理化学研究所横浜キャンパスNMR施設

4実施課題の選考

「成果非占有利用」については、提出頂いた理研NMR施設利用申請の内容をもとに、利用課題としての適正を判断の上、選考致します。
NMR課題選定委員会メンバー
「成果占有利用」、「トライアル利用」、「NMR共用プラットフォーム トライアル利用」については、個別にご相談の上、利用時期を調整させていただきます。(審査等は行いません)

5公募要領、応募書類、提出・申込方法

  • 各利用課題の応募方法と利用の流れの詳細に関して下記ホームページご参照ください。
  • 理化学研究所横浜キャンパスNMR施設
  • 利用申請では、「成果占有利用」、「成果費占有利用」は利用申請書、「トライアル利用」、「NMR共用プラットフォーム トライアル利用」は利用アンケートに必要事項を記入し、申請します。
  • すべての利用課題とも、利用に際しては前もって利用誓約書の提出が必要です。誓約書は、WEB申請システムの申請後の画面よりダウンロードできます。
  • 利用終了後、利用終了届を提出し、有償利用の場合、会計処理に進みます。

本利用に関する御質問は、下記問い合せ先までお気軽にお問い合わせください。
国立研究開発法人 理化学研究所
(メール)

6これまでの採択利用課題

採択利用課題一覧

産学連携無償利用は廃止となりました。


PAGE TOP