1. HOME
  2. 利用案内
  3. 国立大学法人 広島大学

利用案内

国立大学法人 広島大学

1概要

地域の研究機関・企業の方々の研究推進のために、広島大学が保有する5台の高磁場NMR装置の利用を促進します。NMRを利用する学生・研究者・技術者の方々に対する技術支援を通した人材育成を通して、高度なNMR利用研究の普及を目指しています。中国・四国地区のリージョナルセンターとして活用いただき、NMR利用研究のトライアルや技術的なアドバイスを得る最初の窓口として活用いただくことも歓迎しています。特に、地域の企業ユーザーへの支援を強力に進めたいと希望しています。
NMRプラットフォームによる「先端研究課題」利用は年に3回程度公募を行います。 NMRプラットフォームによる選定課題以外での外部利用も受け付けています。自然科学研究支援開発センター 機器共用・分析部門のホームページを参照して下さい。
広島大学 自然科学研究支援開発センター 機器共用・分析部門

2募集する利用区分

  • (1)先端研究課題利用:NMRプラットフォーム
  • (2)有償利用(学外)
  • (3)有償利用(学内)

3NMRプラットフォームで利用可能なNMR装置

700 MHz Bruker NMR 溶液・3重共鳴クライオプローブ
600 MHz Varian NMR 固体測定、多核種対応
500 MHz Varian NMR 半固体測定・溶液マジック角試料回転測定
500 MHz Bruker NMR 溶液多核種測定・2重共鳴・オートサンプルチェンジャー(霞)
400 MHz Varian NMR 溶液多核種測定 5 mm/10 mm プローブ

4利用場所

広島大学 東広島キャンパス(自然科学研究支援開発センター、工学部)
広島大学 霞キャンパス(薬学部)

5お問い合わせ先

お問い合わせ先
NMRプラットフォーム担当・技術職員・柿村順一
E-mail