1. HOME
  2. イベント情報

Event&News

よこはまNMR研究会 第63回ワークショップ「液相分離」2019-11-05

■日時:2020年1月16日(水) 13:00~

■場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール

■プログラム

13:00-13:10 はじめに

13:10-14:00 吉村 成弘 (京大 院生命科学)

              「液相分離による核・染色体の構造構築とリン酸化による制御」

14:00-14:50 吉澤 拓也 (立命館大 生命科学)

              「相分離タンパク質FUSと相分離シャペロンKapβ2」

14:50-15:10 ――――――――――(休憩:20分)――――――――――

15:10-16:00 森 英一朗 (奈良県立医大 医)

              「相分離生物学:制御と破綻」

16:00-16:50 田中 肇 (東大 生産研)

              「粘弾性相分離:ソフト・バイオマターに見られる特異な相分離様式」

16:50-17:00 おわりに

17:10-19:30 懇親会(理研交流棟2階パーティールームにて)

 

※参加をするには研究会への会員登録が必要です。

詳しくはお問い合わせください。

 

詳細については下記URLをご参照ください。

http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/workshop.html

 

■お問い合わせ

よこはまNMR研究会 事務局 (代表:西村善文)

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 西村研究室内

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29

TEL:045-508-7211/7381(直通)

FAX:045-508-7360

E-mail: yokohamanmr@yokohama-cu.ac.jp

※迷惑メール対策の為@は全角で表示しています

Webサイト: http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/

文部科学省最先端研究基盤共用促進事業 NMR共用プラットフォームシンポジウム20192019-09-26

全国に広がる最先端NMRの外部利用ネットワーク

~創薬から食品・先端材料まで~

開催日:2019年10月17日(木)13:30~(受付:13:00~)

開催場所:ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB

(グランフロント大阪北館タワーB 10階)

アクセスマップ

 

【主旨】

NMR共用プラットフォームでは、最先端NMR装置・技術の共用を通じて、生体高分子、天然物、無機材料、高分子等の幅広い利用分野における研究開発の促進を目ざした活動を進めてきました。本シンポジウムでは、我々の特色である高磁場NMR装置が、アカデミアや産業界における研究開発においてどのような形で活用されているかを、先進的な事例を通してユーザーよりご紹介頂くとともに、最先端技術開発の促進、複数の施設を活用したソリューションや、NMR技術の理解を深めるオープンコースウエアの配信など、事業における活動の進捗についても実施機関より発表をおこなう予定です。

昨年の東京開催に続いて、全国にまたがる利用者の利便性を考えて、本年は大阪で開催します。

 

【プログラム】

13:30-13:35 開会挨拶

13:35-13:45 開催の初めに  文部科学省 科学技術・学術政策局 研究開発基盤課

13:45-14:00 事業概要説明  木川隆則 (NMR共用プラットフォーム代表/理化学研究所)

14:00-14:15 「創薬における先端NMR装置基盤共用の重要性」」 上村みどり(帝人ファーマー)

14:15-14:30 「各種機能性材料に対するDNP-NMRの適応」 鈴木克明(京都大学)

14:30-15:00 ユーザー事例報告2件

「NMR技術の地方での産業活用事例~沖縄浦添市」 松本哲治(浦添市)

「DIC株式会社における固体NMR活用事例の紹介」 雨宮晶子(DIC株式会社)

15:00-15:10 休憩

15:10-15:40 ユーザー事例報告2件

「Fragment ScreeningへのNMRの活用」 山中健司(日本たばこ産業株式会社)

「自動車部品メーカーの研究における高磁場NMRの活用」 金指真菜(株式会社デンソー)

15:40-16:20 実施機関報告

相沢智康(北海道大学)

藤原敏道(大阪大学)

西村善文(横浜市立大学)

石井佳誉(理化学研究所)

16:20-16:25 総合討論・質疑

16:25-16:30 閉会挨拶

16:30-17:00 技術相談会(希望者のみ、参加無料)

 

参加登録については下記のURLをご参照ください。

http://nmrpf.jp/symposium2019/

 

ポスターはこちらからダウンロードできます。

高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野シンポジウム20192019-09-11

日時 : 2019年12月12日(木)13:00~18:00(受付開始時間:12:30~)

開催場所 : 理化学研究所・横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

■プログラム

司会:阿部郁朗(東京大院薬)

▼座長:阿部郁朗(東京大院薬)

13:00~13:05       開会挨拶

石井 佳誉(理研RSC)

13:05~13:30       植物の知恵 -その謎解きー

繁森 英幸(筑波大生命環境)

13:30~13:55       結晶構造を基盤とした酵素工学と非天然型新規化合物の創出

森 貴裕(東京大院薬)

13:55~14:20       海洋生物の毒を巡る化学コミュニケーション

高田 健太郎(北里大海洋)

14:20~14:45       複雑ペプチド系天然物の類縁体全合成を基盤とした機能解析

伊藤 寛晃(東京大院薬)

14:45~15:10       親水性天然有機化合物にまつわる謎解き

犀川 陽子(慶大理工)

——————休憩(Coffee Break:15分)——————

 

▼座長:供田 洋(北里代院薬)

15:25~15:50       次世代天然物化学におけるスクリーニングと生合成の応用

新家 一男(産総研創薬基盤)

15:50~16:15       [4+2]環化付加反応を触媒する酵素による天然物の立体制御

加藤 直樹(理研CSRS)

16:15~16:40       超高分解能質量分析による含硫黄代謝物の探索

中林 亮(理研CSRS)

16:40~17:05         超高速MAS 1H固体NMRによる医薬品製剤の水素結合ネットワークの解析

矢澤 宏次(株式会社JEOL RESONANCE)

17:05~17:30         より効率的なNMR測定に向けた近年の技術進展

堤 遊(ブルカージャパン株式会社)

17:30~17:55         1.3GHz NMRマグネットの実現に向けて:開発計画と技術開発状況の紹介

柳澤 吉紀(理研RSC)

 

17:55~18:00         閉会挨拶

斉藤 和季(理研CSRS)

18:30~20:00         懇親会(理研・交流棟2F 食堂奥)

 

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

https://www.ynmr.riken.jp/nmrsymposium2019_1212.html

よこはまNMR研究会 第62回ワークショップ「令和最初のNMR」2019-06-04

■日時:2019年6月28日(金) 13:00~

■場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール

■プログラム

13:00-13:10 はじめに

13:10-13:50 西村 善文 (横浜市大、広島大)

              「エピゲノム科学とNMR」

13:50-14:30 半沢 宏之 (第一三共RDノバーレ)

              「製薬企業でのNMR:これまでとこれから」

14:30-15:10 山口 秀幸 (味の素株式会社)

              「食品の研究開発におけるNMRの活用」

15:10-15:25 ――――――――――(休憩:15分)――――――――――

15:25-16:05 木川 隆則 (理研BDR)

              「生体におけるエネルギー産生を担う酵素の構造動態解析と応用」

16:05-16:45 板倉 正義 (横浜市大)

              「チャンネル活性を関連したグルタミン酸受容体リガンド結合ドメインの構造平衡の解析」

16:45-17:25 嶋田 一夫(東大 院薬)

              「Gタンパク質依存性内向き整流カリウムチャネル(GIRK)の機能発現機構の解明」

17:25-17:35 おわりに

17:40-19:30 懇親会(理研交流棟2階パーティールームにて)

 

※参加をするには研究会への会員登録が必要です。詳しくはお問い合わせください。

詳細については下記URLをご参照ください。

http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/workshop.html

 

■お問い合わせ

よこはまNMR研究会 事務局 (代表:西村善文)

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 西村研究室内

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29

TEL:045-508-7211/7381(直通)

FAX:045-508-7360   E-mail: yokohamanmr@yokohama-cu.ac.jp

※迷惑メール対策の為@は全角で表示しています

Webサイト: http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/

日仏中国際固体NMRワークショップ2019-05-30

■開催日時 : 6月12日(水) 10:00~18:00(受付:9:30~、懇親会:18:00~)

6月13日 9:30~12:45(受付:9:00~)

■開催場所 : 理化学研究所・横浜キャンパス交流棟ホール1階

■参加費 : 無料(懇親会費は別途)

■言語  : 英語

■ホームページ : https://www.ynmr.riken.jp/nmrsymposium2019_0612.html

 

■概要

固体NMRは、ほかの分析手法では得られない構造・物性情報が手に入る強力な手法であり、合成高分子、無機材料、タンパク質などをはじめとする広い対象で活用されています。そして近年のさらなる技術の進歩により、さらに応用範囲が広まることが期待されています。今回のシンポジウムではフランス、中国、日本で固体NMRを使った最先端の研究を行っている方々にお越しいただき、最近の分析手法とアプリケーションについてご講演いただきます。

 

■プログラム

6/12(水)

10:00-10:15 Welcome & Introduction to RIKEN NMR Division

石井佳誉(理化学研究所/東京工業大学)

 

Methods

10:15-10:55  1D acquisition with UDEFT of nuclei with very long T1, and 2D indirect detection with selective pulses of very broad spectra

Jean-Paul Amoureux (リール大学)

10:55-11:35 Molecular Characterization of Pharmaceutical Products by Ultrafast Magic-Angle Spinning NMR

Xingyu Lu (西湖大学)

11:35-12:05 Accurate determination of 1H/X(14N, 35Cl, 63Cu) distances at fast MAS

Nghia Tuan Duong (理化学研究所)

 

12:10-13:30  ——————昼食(Lunch:80分)——————

 

Methods II

13:30-14:00 460 GHz-700 MHz DNP-NMR using Closed-Cycle Helium MAS and Dual Gyrotron Setup

松木 陽 (大阪大学蛋白質研究所)

14:00-14:40 Path-sum, a new mathematical approach for solid state NMR: applications to materials.

Christian Bonhomme (パリ第6大学)

14:40-15:10 Room temperature hyperpolarization using pentacene

根来 誠 (大阪大学先導的学際研究機構)

 

15:10-15:40  ——————休憩(Coffee Break:30分)——————

 

Materials & Quadrupolar/Inorganic NMR

15:40-16:10 Control of the Al Distribution in the Framework of Zeolite and Its Evaluation by Solid-State NMR Technique and Catalytic Properties

横井 俊之 (東京工業大学)

16:10-16:40 Speeding up the DNP acquisition of half-integer quadrupolar nuclei

永島 裕樹 (産業技術総合研究所)

16:40-17:20 Toward faster multidimentional NMR and MRI experiments in the solid-state

Franck Fayon (CNRSオルレアン)

17:20-17:50 Structure of Cysteine Ligated to CdSe Magic-Sized Clusters

野田 泰斗 (京都大学)

 

18:00-20:00 懇親会 (理研・交流棟2F食堂奥)

 

 

6/13(木)

Biological & Materials Applications:

9:30-10:10 Solid-State NMR and Catalysis : a Tool Box to Probe the Surfaces

Laurent Delevoye  (リール大学)

10:10-10:40 Speeding up experiments in Solid State NMR

  堤 遊(ブルカージャパン株式会社)

 

10:40-10:50  ——————休憩(Coffee Break:10分)——————

 

10:50-11:30 Metal Active Sites in Zeolites: Insights from Solid-State NMR Spectroscopy

Qiang Wang   (WIPM)

11:30-12:10   Solid state NMR, EPR and the batteries

Bingwen Hu (ECNU)

12:10-12:40 Solid-state MAS NMR study of seven-transmembrane rhodopsin

Izuru Kawamura (YNU)

 

12:40-12:45 closing address

  斎藤 尚樹(理化学研究所横浜事業所 所長)

 

Lab Tour (Optional)

 

 

参加登録については下記のURLから登録してください

https://www.ynmr.riken.jp/nmrsymposium2019_0612/entry_form

よこはまNMR研究会 第61回ワークショップ「平成最後のNMR」2019-02-18

■日時:2019年3月13日(水) 13:00~

■場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール

■プログラム

13:00-13:10 はじめに

13:10-14:10 菊地 淳 (理研CSRS)

「NMRと予測科学」

14:10-15:10 西田 紀貴 (東大 院薬)

「in-cell NMR法を用いた細胞内生命反応のリアルタイム観測」

15:10-15:20 ――――――――――(休憩:10分)――――――――――

15:20-16:20 小林 直宏 (理研横浜RSC)

「深層学習を利用した高速NMR構造解析」

16:20-17:20 河合 剛太 (千葉工大)

「RNA標的創薬とNMR」

17:20-17:30 おわりに

17:40-19:30 懇親会(理研交流棟2階パーティールームにて)

 

※参加をするには研究会への会員登録が必要です。詳しくはお問い合わせください。 詳細については下記URLをご参照ください。

http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/workshop.html

 

■お問い合わせ

よこはまNMR研究会 事務局 (代表:西村善文)

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 西村研究室内

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29

TEL:045-508-7211/7381(直通)

FAX:045-508-7360

PAGE TOP