1. HOME
  2. イベント情報

Event&News

横浜市立大学 固体NMR講習会2018-12-12

■日時:2019年1月24日(木) 10:00~17:00

■場所:横浜市立大学鶴見キャンパスNMR棟

■定員:8名(予定)

■ホームページ:

http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_2019solid.html

 

■内容

講師:畑中稔先生(ブルカージャパン株式会社)

固体プローブの取り扱い、シム調整・マジックアングル調整・CP測定といった固体NMR装置の基本的な測定方法の説明と測定練習を行います。ご利用経験のない方にもわかりやすい内容となっております。

 

■お申し込み方法

お名前・ご所属・ご連絡先を下記のお申込み先へ電話もしくはE-mailにてお申し込みください。

横浜市立大学生命医科学研究科プロジェクト研究室

TEL: 045-508-7381(平尾、栗田)、045-508-7211(西村)

E-mail: nmropen@yokohama-cu.ac.jp

 

詳細については下記URLをご参照ください。

http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_2019solid.html

横浜市立大学 溶液NMR講習会2018-12-12

■日時:2019年1月10日(木) 10:00~17:00

■場所:横浜市立大学鶴見キャンパスNMR棟

■定員:8名(予定)

■ホームページ:

http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_2019solution.html

 

■内容

講師:下條秀朗先生、金場哲平先生(ブルカージャパン株式会社)

タンパク質の主鎖・側鎖のNMR測定と帰属、NOESY計算、構造計算、データ処理と いったタンパク質の構造解析の流れについて説明します。実習では1H-15NHSQC測定と3D測定を行います。

 

■お申し込み方法

お名前・ご所属・ご連絡先を下記のお申込み先へ電話もしくはE-mailにてお申し込みください。

横浜市立大学生命医科学研究科プロジェクト研究室

TEL: 045-508-7381(平尾、栗田)、045-508-7211(西村)

E-mail: nmropen@yokohama-cu.ac.jp

 

詳細については下記URLをご参照ください。

http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_2019solution.html

高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野シンポジウム20182018-10-10

日時 : 2018年11月8日(木)13:00~18:00(受付開始時間:12:30~)

開催場所 : 理化学研究所・横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

■プログラム

▼座長:阿部郁朗(東京大院薬)

13:00~13:05     開会挨拶

石井佳誉(理研RSC)

13:05~13:30     放線菌の持つ数奇な窒素含有二次退社産物生合成経路

勝山洋平(東京大院農)

13:30~13:55     微生物アルカロイド生合成経路の開拓と物質生産への応用

淡川孝義(東京大院薬)

13:55~14:20     微生物代謝産物のネットワークを基盤とした新規天然物の探索

小山信裕(北里大院薬)

14:20~14:45     高次構造フラボノイドの合成と構造解析

大森 健(東工大理)

14:45~15:10     ペプチドに構造多様性を与える新規就職酵素の探索

小笠原泰志(北大院工)

——————休憩(Coffee Break:15分)——————

 

▼座長:供田 洋(北里代院薬)

15:25~15:50     天然物の構造多様性

塚本佐知子(熊本大院薬)

15:50~16:15     植物病原性糸状菌の二次代謝活性化から始める天然物研究

本山高幸(理研CSRS)

16:15~16:40     NMRにおける演繹的・帰納的予測科学アプローチ

菊池 淳(理研CSRS)

16:40~17:05     高分解能NMRにおける時間領域データの直接観測

小松功典(株式会社JEOL RESONANCE)

17:05~17:30     選択励起を使った測定の活用

堤 遊(ブルカージャパン株式会社)

17:30~17:55     NMR共用プラットフォームにおける外部共用事業の新展開

仲村高志(理研RSC)

 

17:55~18:00     閉会挨拶

斉藤和季(理研CSRS)

18:30~20:00     懇親会(理研・交流棟2F 食堂奥)

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

https://www.ynmr.riken.jp/ynmrsymposium2018_1108.html

 

よこはまNMR研究会 第6回国際シンポジウム「NMR創薬」2018-09-20

■開催日:2018年11月13日(火)~11月14日(水)
■開催場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール
■プログラム

11/13(火)
10:00-10:10   Introduction
10:10-11:00   Gerhard Wagner (Harvard, USA)

「Translation initiation as target for cancer therapy.」

11:00-11:30   Chojiro Kojima (YNU)

「NMR tools developed for protein-drug and protein-protein interaction studies.」

11:30-12:00   Shin-ichi Tate (Hiroshima Univ.)

「Domain dynamics in protein specifically regulated by intrinsically disordered regions (IDRs) potentially leads novel ideas for drug design.」

12:00-12:30   Yoshifumi Nishimura (YCU)

「Polymorphic interaction modes of intrinsically disordered proteins (IDPs).」

12:30-13:30 ――――――――――(Lunch)――――――――――
13:30-14:20   Till Maurer (Genentech, USA)

[TBD]

14:20-14:50   Takuya Torizawa (Chugai)

「Survival of Biomolecular NMR in Chugai Pharm with multi-drug modalities.」

14:50-15:20   Koichi Kato (NCU, ExCELLS/IMS)

「An integrative structural study of antibody.」

15:20-15:40    ――――――――――(Intermission)――――――――――
15:40-16:10   Hideo Takahashi (YCU)

「NMR analysis of the structural and functional stability of proteins.」

16:10-16:40   Kei Takedomi (Mitsubishi Tanabe Pharma)

「Ligand-observed NMR utilized for Ligand-based Drug Design,」

16:40-17:10   Hiroyuki Hanzawa (Daiichi-Sankyo RD Novare)

「NMR for pharmaceutical industry.」

17:10-18:00   Wolfgang Jahnke (Novartis, Switzerland)

「Integration of NMR in drug discovery.」

 

18:30-20:30   Banquet at Jiro-sushi (Fee: 5,000 JPY)

 

11/14(水)
9:30-10:20    Mitsuhiko Ikura (Univ. Tronto, Canada)

「Targeting the undruggable target KRAS for cancer.」

10:20-10:50   Hidekazu Hiroaki (Nagoya Univ.)

「Discovery of potent Dishevelled/Dvl inhibitors using virtual screening optimized with NMR-based docking performance index.」

10:50-11:20   Uno Tagami (Ajinomoto Co.)

「Interaction Analysis of FABP4 Inhibitors by X-ray crystallography and fragment molecular orbital (FMO) analysis.」

11:20-11:50   Takahisa Ikegami (YCU)

「A simple and effective way to suppress artifacts in CPMG experiments.」

11:50-12:20   Ichio Shimada (Univ. Tokyo)

「Function-related dynamics of membrane proteins.」

12:20-13:20   ――――――――――(Lunch)――――――――――
13:20-14:10   Ming-Ming Zhou (ISMMS, USA)

「From Epigenetic Structural Mechanism to New Targeted Therapy.」

14:10-14:40   Takanori Kigawa (RIKEN)

「Conformational variation of proteins in cellular environment.」

14:40-15:10   Yutaka Ito (TMU)

「NMR approached to investigating protein 3D structures in living eukaryotic cells.」

15:10-15:40   Toshimichi Fujiwara (Osaka Univ.)

「High-field DNP and cellular solid-state NMR using paramagnetism under low temperatures.」

15:40-16:00    ――――――――――(Intermission)――――――――――
16:00-16:30   Yoshitaka Ishii (Tokyo Tech, RIKEN)

「Prion-like propagation and structural conversion of Alzheimer’s amyloid-β: solid-state NMR studies.」

16:30-17:00   Masato Katahira (Kyoto Univ.)

「Therapeutic potential of RNA quadruplex against prion and Alzheimer’s diseases.」

17:00-17:50   Peter Wright (Scripps, USA)

「Function of IDPs in regulation and dysregulation of cellular signaling pathways.」

17:50-18:00   Closing

 

■参加費:よこはまNMR研究会正会員は無料/非会員5,000円

 

■詳細については下記URLをご参照ください。
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/workshop.html

 

■お問い合わせ:
よこはまNMR研究会 事務局 (代表:西村善文)
横浜市立大学大学院生命医科学研究科 西村研究室内
〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29
TEL:045-508-7211/7381(直通)
FAX:045-508-7360
E-mail: yokohamanmr@yokohama-cu.ac.jp
※迷惑メール対策の為@は全角で表示しています
Webサイト: http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/

文部科学省先端研究基盤共用促進事業 NMR共用プラットフォームシンポジウム20182018-09-04

~創薬から先端材料まで高磁場NMRが切り拓く外部共用の最前線~

開催日 :2018年10月16日(火)10:00~(受付:9:30~)

開催場所 : 日本橋ライフサイエンスハブ

 

【主旨】

NMR共用プラットフォームでは、最先端NMR装置・技術の共用を通じて、生体高分子、天然物、無機材料、高分子等の幅広い利用分野における研究開発の促進を目ざした活動を進めてきました。本シンポジウムでは、我々の特色である高磁場NMR装置が、アカデミアや産業界における研究開発においてどのような形で活用されているかを、先進的な事例を通してユーザーよりご紹介頂くとともに、最先端技術開発の促進、複数の施設を活用したソリューションや、NMR技術の理解を深めるオープンコースウエアの配信など、事業における活動の進捗についても実施機関より発表をおこなう予定です。

 

【プログラム】

10:00~ 開会挨拶

10:05~10:20 事業概要説明 木川隆則 NMR共用プラットフォーム代表(理化学研究所)

10:20~10:40 基調講演 嶋田一夫(東京大学)

『高磁場NMRのライフサイエンスへの応用』

10:40~12:00 ユーザーからの事例報告

日下康成(積水化学工業株式会社)

『素材メーカーにおける評価分析技術の活用~NMRを中心に』

半沢宏之(第一三共RD ノバーレ)

『製薬企業における高磁場NMRの活用と期待』

神田泰治(日本合成化学工業株式会社)

『高磁場DNP-NMRを用いた高分子材料の架橋構造の解析(ポリビニルアルコールの耐水化機構の解明)』

橋本康博(旭化成株式会社 基盤技術研究所)

『企業における高磁場NMRの活用~診断薬開発への貢献事例~』

12:00~12:40 実施機関からの活動報告・今後の展開

理化学研究所 石井佳誉

横浜市立大学 西村善文

大阪大学 藤原敏道

北海道大学 相沢智康

12:40~ 閉会挨拶

12:50~ 技術相談会(希望者のみ)

 

参加登録については下記のURLをご参照ください

https://www.ynmr.riken.jp/nmrpf_sympo2018/entry_form

ポスターはこちらからダウンロードできます。

JASIS20182018-08-20

JASIS2018へ出展いたします。
NMR共用プラットフォームは分析・科学機器のイベントJASIS2018(9月5日~9月7日)へ出展いたします。

 

詳細については下記URLをご参照ください。
https://www.jasis.jp/exhibitors/jp/exhibitor_info.php?id=486(外部リンク)

 

皆様のご来場お待ちしております。

第一回日印NMRワークショップ 1st India-Japan NMR workshop2018-05-25

日時: 2018年6月21日(木)9:30~17:30(受付:9:00~)

開催場所: 理化学研究所・横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

■講演者

Dr. Pramodh Vallurupalli (TIFR)

Prof. P.K.Madhu (TIFR)

Dr. Kaustubh Mote (TIFR)

Dr. Vipin Agarwal (TIFR)

Prof. T.S. Mahesh (IISER Pune)

Prof. Ashutosh Kumar (IIT Bombay)

Prof. Kazuyuki Takeda (Kyoto University)

Prof. Munehiro Inukai (Tokushima University)

Prof. Eiji Ohmichi (Kobe University)

Dr. Hiroki Nagashima (AIST)

Prof. Makoto Negoro (Osaka University)

Dr. Yusuke Nishiyama (RIKEN&JEOL RESONANCE)

Dr. Tatsuya Matsunaga (RIKEN)

Prof. Takayuki Kamihara (TITECH)

 

■プログラム

9:30~9:40  Opening remark

9:40~11:10 Session 1

Dr. Hiroki Nagashima (AIST)

「Dynamic Nuclear Polarization enhanced NMR spectroscopy of Fibrous silica nanoparticles and Periodic mesoporous organosilicas material.」

Dr. Pramodh Vallurupalli (TIFR)

「Understanding Protein Conformational Dynamics Using NMR Spectroscopy.」

Prof. Munehiro Inukai (Tokushima University)

「Storage and dynamics of gas molecules into porous coordination polymer.」

Prof. P.K.Madhu (TIFR)

Recoupling in solid-state NMR : How to improve its efficiency?

—(20min. Coffee break)—

11:30~13:00 Session 2

Prof. Kazuyuki Takeda (Kyoto University)

「Electro-Mechano-Optical detection of NMR」

Dr. Kaustubh Mote (TIFR)

Proton detected multiple sequential acquisition experiments for faster data acquisition in solid state NMR

Prof. Makoto Negoro (Osaka University)

「Room Temperature Dissolution Dynamics Nuclear Polarization」

12:30~14:00 Lunch

14:00~15:30 Session3

Dr. Tatsuya Matsunaga (RIKEN)

「Development of X0 shim coil for precise magic angle adjustment」

Dr. Vipin Aarwal (TIFR)

「Quantitative proton-proton distances in fully protonated solids at fast Magic angle spinning」

Dr. Yusuke Nishiyama (RIKEN & JEOL RESONANCE)

「Ultrafast Magic angle spinning solid-state NMR: Methods and Applications」

Prof. T.S. Mahesh (IISER Pune)

「Star-topology spin-systems: Interesting applications in spectroscopy anda quantum information」

—(20min. Coffee break)—

15:30~17:20 Session4

Prof. Takayuki Kamihara (TITECH)

「New concept of CPMAS: longitudinal polarization transfer」

Prof. Ashutosh Kumar (IIT Bombay)

「Motion, recognition, regulation in specialized nucleosome formation」

Prof. Eiji Ohmichi (Kobe University)

Mechanically detected terahertz electron paramagnetic resonance

17:20~17:30 Closing remark

18:00~     Social gathering (Venue : RIKEN Koryuto Hall 2F back of the cafeteria)

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

http://www.ynmr.riken.jp/en/1st_india-japan_nmr_workshop.html

 

創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム:BINDS 「創薬支援NMR」2018-05-16

創薬等先端技術支援基盤プラットフォーム:BINDS
「創薬支援NMR」

■開催日:2018年7月31日(火) 13:00~17:00

■開催場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール

■ホームページ:
http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_binds180731.html

■プログラム
13:00-13:10 はじめに  善光 龍哉(AMED)

13:10-13:40 山本 雅貴(理研 播磨)

「BINDS構造解析領域」

13:40-14:10 西村 善文(横浜市大)

「横浜市大のNMR:創薬及びタンパク質の天然変性領域」

14:10-14:40 栗田 順一(横浜市大)

「低分子-タンパク質相互作用解析」

14:40-15:10  奥田 昌彦(横浜市大)

「転写因子やDNA修復因子の構造機能解析」

―――(休憩:10分)―――
15:20-15:35 藤原 敏道(阪大蛋白研)

「阪大蛋白研のNMR」

15:35-16:00 杉木 俊彦(阪大蛋白研)

「超高磁場溶液NMRによる蛋白質の立体構造解析・
リガンドスクリーニング」

16:00-16:25 宮ノ入 洋平(阪大蛋白研)

「超高磁場溶液NMRによる蛋白質の立体構造・相互作用・
動態変化の高分解能解析」

16:25-16:50 松木 陽(阪大蛋白研)

「動的核分極(DNP)による高磁場-超高感度固体NMR
―世界をリードする装置開発とその応用―」

16:50-17:00 終わりに

■お問い合わせ
横浜市立大学大学院 生命医科学研究科 西村研究室内
〒230-0045 横浜市鶴見区末広町1-7-29
TEL:045-508-7211/7381(直通) FAX:045-508-7360
E-mail : nmropen@yokohama-cu.ac.jp
http://www-mls.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/project/event_binds180731.html

 

よこはまNMR研究会 第60回ワークショップ「ゲノム科学の最前線」2018-02-28

■開催日:2018年3月22日(木) 13:00~

■開催場所:理化学研究所・横浜研究所交流棟ホール

■プログラム

13:00-13:10 はじめに

13:10-14:10 古関 明彦(理研)

「ポリコム抑制による発生過程の制御メカニズム」

14:10-15:10 大川 恭行(九大 生体防御医学研)

「ヒストンH3の選択による細胞分化制御機構

~トランスクリプトミクスによるアプローチ~」

15:10-15:20 ――――――――――(休憩:10分)――――――――――

15:20-16:20 白髭 克彦(東大 医学系)

「線章句体遺伝子情報ネットワーク(仮)」

16:20-17:20 小川 誠司(京大 医学研究科)

「悪性腫瘍の遺伝的基盤(仮)」

17:20-17:30 おわりに

17:40-19:30 懇親会(理研交流棟2階パーティールームにて)

 

※参加をするには研究会への会員登録が必要です。詳しくはお問い合わせください。

 

詳細については下記URLをご参照ください。
http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/workshop.html

 

■お問い合わせ:

よこはまNMR研究会 事務局 (代表:西村善文)

横浜市立大学大学院生命医科学研究科 西村研究室内

〒230-0045 神奈川県横浜市鶴見区末広町1-7-29

TEL:045-508-7211/7381(直通)

FAX:045-508-7360

E-mail: yokohamanmr@tsurumi.yokohama-cu.ac.jp

※迷惑メール対策の為@は全角で表示しています

Webサイト: http://www.tsurumi.yokohama-cu.ac.jp/ynmr/

「高温超伝導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」キックオフシンポジウム2018-02-21

テーマ:JST未来社会創造事業 大規模プロジェクト型「高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」キックオフシンポジウム

開催日 : 2018年3月29日(木)13:00~17:20(受付:12:15~)

 2018年3月30日(金)10:00~17:40(受付:9:30~、懇談会:18:00~)

開催場所 : 理化学研究所横浜キャンパス交流棟ホール1階

 

【概要】

当プロジェクトは、高温超電導線材同士を接合する技術を確立し、世界最高磁場の永久電流1.3 GHz NMRマグネットや鉄道用超電導き電ケーブルに適用することで、超電導技術の社会実装を加速することを目指しています。今回のシンポジウムは、プロジェクトの内容をご紹介するとともに、高温超電導マグネットおよび高磁場NMRの第一線でご活躍されている国内外の研究者に、関連するご講演をいただきます。皆様のご来場をお待ちしております。

 

【プログラム】

3/29(木)

セッション1:プロジェクトの概要と高温超伝導マグネット技術の招待講演

13:00~13:30 開会挨拶とプロジェクトの概要

前田 秀明 (理化学研究所/JST研究開発代表者)

13:30~14:20 NI magnet

S.Hahn (ソウル国立大学)

—-(休憩:20分)—-

14:40~15:30 Challenges and Opportunities for HTS conductors in the next few years

D. Larbalestier (米国国立高磁場研究所)

15:30~16:20 Bi2212 coil development

U. Trociewitz (米国国立高磁場研究所)

16:20~17:20 パネルディスカッション

17:20~    NMR施設見学

 

3/30(金)

セッション2:グループリーダーからの紹介

10:00~10:40 Superconducting joints between HTSs

下山 淳一 (青山学院大学)

10:40~11:20 1.3GHz persistent mode NMR magnet

柳澤 吉紀 (理化学研究所)

11:20~12:00 Social impact of the 1.3GHz NMR

石井 佳誉 (東京工業大学/理化学研究所)

—-(昼食:60分)—-

13:00~13:40 Superconducting DC feeder cables for railway systems

富田 優 (鉄道総合技術研究所)

13:40~14:10 パネルディスカッション

—-(休憩:10分)—-

 

セッション3:高磁場NMRの招待講演

14:20~15:10 1.5GHz NMR using 36T Series-Connected-Hybrid magnet at NHMFL

Z. Gan (米国国立高磁場研究所)

15:10~16:00 Real-time observation of intracellular events using in-cell NMR

西田 紀貴 (東京大学)

16:00~16:50 TBA

J. P. Amoureux (リール第1大学)

—-(休憩:10分)—-

17:00~17:30 パネルディスカッション

17:30~17:40 閉会の挨拶

18:00~20:00 懇談会

 

お申し込み方法などの詳細については下記のURLをご参照ください

http://www.ynmr.riken.jp/jst_mirai_sympo.html

PAGE TOP